ヤなことそっとミュート/STAMP EP

f:id:ass_atte:20170812114130j:image

01 Any
02 No Regret
03 AWAKE
04 天気雨と世界のパラード
05 morning(LIVE ver)
06 sputnik note(LIVE ver)
07 Lily(LIVE ver)
08 am I(LIVE ver)

 

8/16発売のアルバムですがitunes等先行で配信もされているので長々と曲単位のレビューを書きたいと思います。

前に同じく既存バンドの比較とギターワーク面であーだこーだ言ってるのが多いので苦手な方はスルーでお願いします。

既発のLIVE音源は3/26ワンマンのものなので割愛します。

 

01.Any

PVも出ました冒頭から刻みリフが印象的なメジャーキーのアッパーな疾走曲。

随所随所にヤナミューでも珍しいペンタトニックスケールのリフが混ざってたりテクニカルなタッピングリフのパートがあったりある意味異色な感じです。

「Turn left! Turn right! Way down! Way up! 」のハードコアノリなシンガロングパートが僕にとってはツボだったりします。

海外だったらStrung OutとかRufioとかのメタリックなメロコア、最近だったらNeck Deepとか、あと初期のFACTなんかに近いノリな気がします。

 

02.No Regret

Story Of The YearThriceを彷彿とさせるストレートなエモ曲、メンバー全員の歌唱が一番フィーチャーされてる曲だと思います。(一花さんレナさんのソロパートがしっかりあって良い)

基本前作のLilyに近い構成ながらもメタリックなギターソロやペンタトニックのリフがあったりと差別化図れてるのが良いです。

 

03.AWAKE

これもPVになりました曲。

空間系エフェクターマシマシのトレモロフレーズやテンションコード多用のリフをバックにしたサビとかラスト6/8の拍子のブレイクとか中々最近見られない構成の曲かと思います。

リフの作りからエモというよりはJupiter~Antenna期のCave InとかA Perfect Circleみたいな00'sUSオルタナに近いんじゃないかなと勝手に思ってます。

 

04.天気雨と世界のパラード

ワンマン初披露からついに音源化された曲です。

ライブで見る振り付けとかも含めてポップなエモ曲なのですがギターが随所随所に単2度のアルペジオのバッキングだったりクロマチックでの繋ぎが入っていたりと実は中々凝ったフレーズのオンパレードだったりします。

ラストサビ入る前のコーラスだったりコーラスワークがとかく綺麗です。

 

総評

クランチ気味のギター音やシンプルなフレージングの曲が多数あり、90'sオルタナティブロックとの比較が多かった前作AL.「BUBBLE」に比べて全体的にミキシングのおかげかギターの音がよりメタリックで低音効かせ気味になっていてかつ01.Anyのタッピングリフや02.No Regretのギターソロに見られるような一聴してわかるテクニカルなフレーズが散見されてより現代的な作風になったんじゃないかなと思います。

 

あとはコーラスが今までよりも目立つようになったのも既存バンドと比較したときに、ポップなコーラスにヤナミューの他と違った良さがあると思ってる僕としてはどんどん推し進めていってほしいところかと。

 

そして1stEP時点で見られたメンバーの歌唱のブレとかが今作では完全に改善されているのでメンバー自身の成長を一番感じる作りになっているかと思います。

 

メンバーの成長と作風も含めてヤナミューがより良い意味でマスに向けた音楽を志向してるのが感じられる良いEPでした。

強いていうならPalette(めっちゃ好き)が収録されてなかったのが惜しいくらいです。

次アルバム期待してます!