ヤなことそっとミュート/MIRRORS

f:id:ass_atte:20180504145209j:image

1.ルーブルの空

2.クローサー

3.GHOST WORLD

4.HOLY GRAiL

5.No Regret

6.Reflection

7.Any

8.天気雨と世界のパラード

9.AWAKE

10.Palette

11.Phantom calling

 

 

本日5/4からiTunes等で音源配信を始めました"ヤナミュー"ことヤなことそっとミュートの2ndアルバムです(これ読んでる人は全員知ってるとは思いますが…)

せっかくだからツイッターでは書けない長文で曲ごとの感想と総評書いてみようかと思います。(5、7、8、9のSTAMP EP収録曲は以前書いたので割愛します)

前もそうですがメンバーの話より既存バンドの比較とかギターの話とかが多いので苦手でなければお暇潰しにお付き合い頂けたら幸いです。

 

 

1.ルーブルの空

Twitterでもよく見かけるのですがcowpersとかNAHTみたいな90's~00's邦emoを彷彿とさせるギターが7thもりもりなストレートなロック曲なのですが変拍子混じりだったりフレーズが要所でテクニカルなのが今風で良いです。

https://youtu.be/nWzeBqRW5tE

 

2.クローサー

2ndワンマン前に音源が先行配信されオタクを狂気させいつの間にか代表曲になった感すらあるメロディックハードコア(非メロコア)な疾走曲の再録、メンバー4人のVoが元の急遽録って出し的な荒さのあった音源に比べて安定してるのと音圧が増してるの、あとサビ右チャンネルのリードギターモジュレーターか薄くかけたフランジャーかなんか空間系のエフェクトプラスされてたり違いを比較するのが楽しいですね。

あと個人的にサビのリードのシーケンスフレーズは僕の大好きなTakenという叙情HCバンドの曲を思い出す感じでついガッツポーズしてしまいます。

https://youtu.be/WqWL1eaYEKI

 

3.GHOST WORLD

m7thトライアドの長2度平行移動を繰り返す16分カッティングリフなど完全にCoaltar Of The Deepersのそれを繰り返すヴァースからヤナミューでは珍しいAnyに続くメジャーキーの超爽やかなメロディのサビ(これが本当に無限に聴けるくらい好きなメロディでして)が印象的、アルバムでも屈指の好きな曲です、これでPV作って欲しい。

 

4.HOLY GRAiL

PVにもなりました代表曲、冬時期にピッタリなポップな曲です、アルペジオが印象的。

 

6.Reflection

なんとなく初期Paramoreとか00's中期、後期エモっぽいなあと思ったストレートなロック曲、サビの開放弦多用したコードが音源でよく聴き取れるようになってとても良いです。

https://youtu.be/aCyGvGEtOwc

 

10.Palette

いきなりAmerican Footballとかみたいなタッピングリフが入るのが印象的な緩やかなバラード、歌メロが非常に良いです、ぱっと聴いた感じ音はMIDWESTエモとかマスロックのそれなのに対しての途中の"ネイビーブルー"と繰り返されるコーラス部が昔のポップスみたいだったり作曲のJ.og氏の懐の広さだったりセンスの凄さを要所で実感します。

 

11.Phantom calling

2ndワンマンでラストに初公開されたJ.og氏とマスロックバンドNENGUの馬場庫タロウ氏の共作曲、暫定今年1番好きな曲です。

変拍子ポリリズム転調多用、m7thトライアド、単2度アルペジオ、単音フレーズのピロピロの際どいギターフレーズなど作曲者の趣味が全面に出てながらもまるでミュージカルの挿入曲みたいな壮大でキャッチーなメロディの誰でも聴ける感じでなおかつ4分弱のコンパクトな尺にまとめて仕上げてしまう天才2人の所業がこの曲には詰まってます。

クランチ気味なギターも含めて既存バンドならFaraquetが近いのではないでしょうか、作曲自体は全然違うのですが。(ちなみにFaraquetはいつぞやのDJ運営で慎さんが選曲してました)

https://youtu.be/H6RzgNh6yRA

 

 

・総評

Say Hello To SunshineやBackdate Novemberのカバー曲もあったりミドルテンポの曲も多く入っていてインディっぽさが色濃かった1stAL「BUBBLE」に比べて、今作に至るまで曲展開もストレートでアップテンポかつ曲そのものに邦楽オルタナティブロックをなぞったような空間を埋めるフレージングの多い曲(1、3など)、メンバーの歌唱力の向上に反応するかのように高めのキーの曲が続けて公開されてきたこと、各パートの音の分離がくっきり音圧自体も上がっていることなどから前にも書いたのですがより多くの人に聴かれることを意識している感じがだんだんと出てきたのが反映されたアルバムになっているように感じます。

 

あとは相変わらずどんなに楽器のフレーズをオルタナティブロックやエモ、もっと言えばマスロックなどのそれにしても歌メロやコーラスワークをポップにジャンル慣れしてない人にも聴きやすいように仕上げてくるのは"バンド"でもなく"アイドルグループ"ならでは成せることだよなあと言うくらいには歌メロの水準が高く非常にキャッチーので流石だなあと思います。

 

欲を言うなら1stで言うところツキノメだったりNo Knownみたいなミドルテンポの曲がもうちょい挟まってたらなあというくらいですかね、逆に言えば次の新曲に期待してます。

 

何にせよ今年のベストアルバムの1枚は確定です。

まだ聴いてない方は是非…

 

ヤなことそっとミュート/STAMP EP

f:id:ass_atte:20170812114130j:image

01 Any
02 No Regret
03 AWAKE
04 天気雨と世界のパラード
05 morning(LIVE ver)
06 sputnik note(LIVE ver)
07 Lily(LIVE ver)
08 am I(LIVE ver)

 

8/16発売のアルバムですがitunes等先行で配信もされているので長々と曲単位のレビューを書きたいと思います。

前に同じく既存バンドの比較とギターワーク面であーだこーだ言ってるのが多いので苦手な方はスルーでお願いします。

既発のLIVE音源は3/26ワンマンのものなので割愛します。

 

01.Any

PVも出ました冒頭から刻みリフが印象的なメジャーキーのアッパーな疾走曲。

随所随所にヤナミューでも珍しいペンタトニックスケールのリフが混ざってたりテクニカルなタッピングリフのパートがあったりある意味異色な感じです。

「Turn left! Turn right! Way down! Way up! 」のハードコアノリなシンガロングパートが僕にとってはツボだったりします。

海外だったらStrung OutとかRufioとかのメタリックなメロコア、最近だったらNeck Deepとか、あと初期のFACTなんかに近いノリな気がします。

 

02.No Regret

Story Of The YearThriceを彷彿とさせるストレートなエモ曲、メンバー全員の歌唱が一番フィーチャーされてる曲だと思います。(一花さんレナさんのソロパートがしっかりあって良い)

基本前作のLilyに近い構成ながらもメタリックなギターソロやペンタトニックのリフがあったりと差別化図れてるのが良いです。

 

03.AWAKE

これもPVになりました曲。

空間系エフェクターマシマシのトレモロフレーズやテンションコード多用のリフをバックにしたサビとかラスト6/8の拍子のブレイクとか中々最近見られない構成の曲かと思います。

リフの作りからエモというよりはJupiter~Antenna期のCave InとかA Perfect Circleみたいな00'sUSオルタナに近いんじゃないかなと勝手に思ってます。

 

04.天気雨と世界のパラード

ワンマン初披露からついに音源化された曲です。

ライブで見る振り付けとかも含めてポップなエモ曲なのですがギターが随所随所に単2度のアルペジオのバッキングだったりクロマチックでの繋ぎが入っていたりと実は中々凝ったフレーズのオンパレードだったりします。

ラストサビ入る前のコーラスだったりコーラスワークがとかく綺麗です。

 

総評

クランチ気味のギター音やシンプルなフレージングの曲が多数あり、90'sオルタナティブロックとの比較が多かった前作AL.「BUBBLE」に比べて全体的にミキシングのおかげかギターの音がよりメタリックで低音効かせ気味になっていてかつ01.Anyのタッピングリフや02.No Regretのギターソロに見られるような一聴してわかるテクニカルなフレーズが散見されてより現代的な作風になったんじゃないかなと思います。

 

あとはコーラスが今までよりも目立つようになったのも既存バンドと比較したときに、ポップなコーラスにヤナミューの他と違った良さがあると思ってる僕としてはどんどん推し進めていってほしいところかと。

 

そして1stEP時点で見られたメンバーの歌唱のブレとかが今作では完全に改善されているのでメンバー自身の成長を一番感じる作りになっているかと思います。

 

メンバーの成長と作風も含めてヤナミューがより良い意味でマスに向けた音楽を志向してるのが感じられる良いEPでした。

強いていうならPalette(めっちゃ好き)が収録されてなかったのが惜しいくらいです。

次アルバム期待してます!

ヤなことそっとミュート/BUBBLE

 f:id:ass_atte:20170404204206j:image

1. morning
2. カナデルハ
3. Lily
4. am I
5. ツキノメ
6. Just Breathe
7. orange
8. 燃えるパシフロラ
9. see inside
10. sputnik note
11. Done
12. ホロスコープ
13. No Known

4/5発売今話題のヤナミューことヤなことそっとミュートの1stALです。

レビューを書きたくなるくらい良いアルバムだったのですがTwitterでは収まりきらないのでこっちで書くことにしました。

(あと2、5、8、9、11についてはそれぞれBackdate NovemberとSay Hello To Sunshineの既発曲のカバーなので省略します)

既存バンドとの比較やギター、作曲云々を拙い文章力でぐだぐだ書いており、メンバー寄りの話が薄いので苦手な方は読み飛ばしてください。

 

1.morning

ギターが開放弦テンションや7thを多用しまくる全体的にはメジャー期のCave Inや初期Deftones、「Say Hello to Sunshine」時のFinchだったりHopesfallみたいな激情系HCを若干彷彿とさせるミドルテンポのポストハードコア寄りな曲。

とにかくギターワークがカッコ良い、今まで聴いたアイドル曲でダントツギターがかっこいい曲だと思ってます、イントロのDrive Like Jehu?って感じのメタリックな不協和音リフやブレイクのアルペジオ、要所に挟まる繋ぎの♭3rdや♭7th、クロマチックの単音と普通J-POPじゃやらないような尖ったフレージングを含みながらもしっかり壮大な歌メロを損なわない作り(終盤のなでしこさんに続いて3人のコーラスが重なる部分が本当素敵)は本当ひっそり作曲やってた身としては「やられた!」という感じです。

多分ヤナミューで一番好きな曲です。

 

3.Lily

PVも出ました代表曲、これもカバーらしいのですが音源が不明のためこちらに。

コード進行はⅣ→Ⅴ→Ⅵなど定番が多くバックも少ない音数ながらも轟音ギターと個性的で綺麗なメロディの光る曲ストレートなロックチューンです。

 

4.am I

空間系エフェクトやピアノの音を多用した壮大で神々しいバラード、中間にExplosions in the Skyみたいな轟音ギターはあれどポストロックともエモとも何とも比較しがたい曲です。

歌のメロディがほぼペンタトニック中心で構成されているのですがそれがバックのコードと合わさってまた独特の世界があると思います。

 

6.Just Breathe

2ndEP「Sealing EP」収録の既発曲です。

M7th多用のシューゲイザーテイスト溢れる疾走曲です。

中間のギターのアルペジオのみになる箇所がすごい好きです。

 

7.orange

カナデルハ、Doneでお馴染みBackdate NovemberのYohei Shibata氏作曲の疾走ギターロック、Dinosaur Jr.テイストのギターがツボな感じです。

中盤ギターのリードギターが何気にテクニカル…

 

10.sputnik note

Finchの「New Beginings」とSaosinの「Seven Years」をミックスしたような00年以降な感じのメタリックなエモ曲、イントロの開放弦ハーモニクス混じりのリフがカッコ良いです。

 

11.ホロスコープ

一番最初にPVが作られたこれも代表曲。

イントロのベースと最初のクランチ気味のダウンストロークのギターがCodeineっぽい?サビでThe Smashing Pumpkinsとかを彷彿とさせる轟音バラードです。

あと歌詞が本当に素晴らしいです。めちゃくちゃ切ない。自分はこれ聴いてヤナミューにハマりました。

 

12.No Known

morningと同じくJ.og氏作曲。

これもギターが滅茶苦茶カッコ良い、m7th、M6th多用のカクカクしたギターリフや♭2ndのアルペジオ、開放弦多用のギターのフィルインなど癖のあるギターフレーズや、それに合わせてトライトーンの不協和音気味になったりルートに戻ったりするベースラインにキャッチーな歌メロが乗っかる一風変わった曲です、繰り返されるギターリフに合わせて変化していくドラムのパターンも中々にキワモノ。

色んな方々からDischord Recordsのエモ・ハードコアバンドとの関係性が指摘されることの多いヤナミューですが、この曲がその最たるものではないでしょうか。(ちょっとだけJawboxとかFaraquetぽい)

 

・総評

色々「〜を彷彿とさせる」など書きましたがヤナミューの曲はただの00'sエモ・90'sオルタナティブロックとかのインスパイアや懐古に終わるものではないと思います。

それらの際どい要素も入れながらみんな聴けそうな歌メロのいいストレートなポップスだったりシンプルにJ-ROCKのカテゴリでちゃんと通用する作曲のバランスや、それらを支えるメンバー4人の真っ直ぐでバランスのいい組み合わせの歌声なんかはバンドやSSWよりも、「アイドル」という畑だからこそ作り得たアルバム、音楽だと感じます。

 

以上です。

駄文で申し訳ありませんが、もし興味あれば是非。

ブログを始めました

ツイッターで書ききれない長文をこっちのブログに書きます

アルバムやライブの感想など音楽にまつわるネタがほとんどになると思います

よろしくお願いします